悉皆登録研究

膵・消化管および肺・気管支・胸腺神経内分泌腫瘍の患者悉皆登録研究

主任研究者:日本神経内分泌腫瘍研究会理事長 上本 伸二

悉皆登録研究について:
 本研究会設立時の事業の一つとして、NEN患者登録事業を掲げています。本登録事業に多数の症例が登録されることによってのみ、希少疾患であるNENの本邦における発生状況と診療の状況が把握できます。
登録事業の成功に向けての会員の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。
  1. 本登録研究は日本神経内分泌腫瘍研究会会員施設により進められます。
  2. 対象患者は肺・気管支・胸腺NEN(TC/ATC/LCNEC)および膵・消化管NEN(NET/NEC)です。
  3. NEN患者数・分布、NET生存率の算出と治療効果の分析を行います。
  4. 本基盤データを元に、Clinical Questionの解決に向けた二次調査(アウトカム研究)を実施します。
  5. 同意取得に関しましては、文書にて二次調査(アウトカム研究)を含めた同意を得るオプトイン方式にて登録をおこなっています。
  6. 今後行われる臨床介入研究の基礎データとします。
NEN登録研究の概要につきましてはUMIN-CTR(UMIN000016380)にて公開しております。 https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000018910
登録期間:
2014年から2024年までの10年間をめどとしています。
2012年1月1日以降に病理組織学的に病理分類を満たし、倫理審査委員会承認日以降、診察を継続している症例の登録 を行います。
なお、本研究は各臨床研究の基盤となる悉皆登録ですので永続的な登録を予定しております。
NET Registry + PROP-UP webサイト:
https://ctportal.tri-kobe.org/studies/netregistry/

 参加医師専用ページ
 ログインID:「netstudy」(半角小文字8文字)
 パスワード:「TRINET」(半角大文字6文字)
アウトカム研究について:
本悉皆登録研究を基盤として、登録上位施設より申請されたアウトカム研究が、2017年9月にプロジェクト審査委員会、倫理委員会、理事会にて承認を得ました。
今後、登録データを用いて以下のアウトカム研究にてエビデンスを発信していく予定です。

1)課題名:膵神経内分泌腫瘍の原発巣の肉眼型が及ぼす予後への影響 主任研究者氏名 工藤 篤 施設名 東京医科歯科大学

2)課題名:SRSにおけるKi67が20%以上の集積の割合、分化度による相違(NETG3/NECを対象としたSRSの意義) 主任研究者氏名 肱岡 範 施設名 愛知県がんセンター中央病院

3)課題名:症状を呈さないホルモン産生性NETの予後は非機能性NETと同等か 主任研究者氏名 河本 泉 施設名 関西電力病院

4)課題名:本邦の膵消化管NETにおける疫学的変遷の解析 主任研究者氏名 伊藤 鉄英 アウトカム研究分科会(疫学)